新古美術 朝比奈

新古美術 朝比奈

Collections作品紹介

※クリックで拡大画像がご覧いただけます(↓)

福禄寿画賛
Fukurokuju with Japanese poem

作家名 白隠慧鶴(画,賛)、径山東讖(賛)
Hakuin(Paint&poem) / Keizan Toushin(poem)
手法 紙本・墨
寸法 本紙121.8×53.6㎝、総丈196.0×66.0㎝
備考 ■白隠作
・上部に印「顧鑑(口+夷)」、「白隠」「慧鶴」
【賛】
「福と禄とは及びもないが寿ナガイキならばともかくも」
【意味】
財産やお金は、得ようとしても、なかなか思い通りにいくものではない。 しかし、「寿」=「長生き」ならば、その気になって養生すれば、金儲けほどむずかしくはない。
■径山東讖作
・画面中央にサイン「勅住華園師ヵ叟」、印「東讖之印」「径山」
【賛】
「奥田清翁見懇望白隠座元之画賛無縮一日入即年来/則作之賛以應需鐘愛幸哉/福深於海禄高自山/千秋萬歳好及人間」
【読み下し】
「奥田清翁見て懇望す、白隠座元の画賛、縮むこと無し、一日入りて即ち年来たる/則ち作るの賛は以て需に応ずる、鐘愛するは幸い哉/福は海に於いて深く、禄は山よりも高し/千秋万歳好みて人間に及ぶ」
【現代語訳】
奥田清翁が見て白隠座元の画に賛を付すことを強く望んだ。
(時が)縮んでいるわけでは無いが、一日は始まるとあっという間に年が巡るかのようだ
画はとても慈しまれており、画賛は求めに応じてのことである。何と幸いであることか。
福は海のように深く、禄は山よりも高い。
福禄寿は千年万年も好まれて人の世に親しまれている。
製作年 江戸中期
状態 虫なめ、折れ、シミ有。
付属品 箱付
略歴 【白隠慧鶴(1686~1769)】
江戸中期の僧。臨済宗中興の祖。
500年に一人と称えられた高僧。
15歳で郷里駿河(静岡県)の松蔭寺で得度。
信濃飯山の道鏡慧端(正受老人)の法をつぐ。
各地を巡歴して修行を積み、のち松蔭寺にもどり,享保3年京都の妙心寺首座。
余技としての画や書を民衆の教化に用い、「駿河には過ぎたるものが二つあり、 富士のお山と原の白隠」と土地の人々に慕われた。
臨済宗一派である「鵠林派」の祖でもあり、門下には東嶺円慈、遂翁元盧などの逸材が多く輩出されており、後進育成に注力するとともに民衆にも禅を広めた。
その禅画作品は、国内よりも海外でいち早く評価されてきた。
明和5年12月11日死去。84歳。

【径山東讖(?~1783)】
禅僧。津の竜津寺で住職をつとめ、宝暦7年妙心寺382世を継ぐ。
天明3年に死去。晩年は「天沢」と号する寺院の住職を務めたが詳細は不明。
曽我蕭白作「千方牛像(頂相)」(※三重県松阪市指定文化財)の賛者。
※参考文献「宮島新一著『肖像画の視線(吉川弘文館発行)』」

<< 前のページに戻る