新古美術 朝比奈

新古美術 朝比奈

Collections作品紹介

※クリックで拡大画像がご覧いただけます(↓)

蜘蛛の巣がき

作家名 尾張国美濃路起宿本陣十一代目 加藤磯足
手法 紙本・墨
寸法 本紙32.2×47.4㎝、総丈106.0×53.0㎝
備考 ・サイン「磯足」
・一宮市指定文化財「蜘蛛の巣がき 加藤磯足筆」と類似作品
※虫になぞらえて64種の和歌を蜘蛛の巣様に書いたもの。
・(左側の2行)色もなき、千々の言葉を徒に掛けを恥ずかしささがにの糸
・(蜘蛛の巣一部分)蜘のちちの、いともてぬきて、ぬきたてに、はかなくきゆる、つゆのしらたま
※他、読み調査中です。
製作年
状態 虫なめ、折れ、擦れ、シミ、軸先片方欠、一文字片方欠。
付属品
略歴 【加藤磯足 (1747~1809)】
享年63歳。尾張国中島郡、木曽川のほとりにある起宿(愛知県尾西市起)の人。
家は本陣を営む。本姓、藤原。通称、梅之助、右衛門七、号は河の辺の翁など。
父は右衛門七敏光。本陣11代を相続。細井平洲に儒学を学び、村政改革にも力を尽くす
また田中道麿に国学を学び、寛政元年(1789)に松坂を来訪し本居宣長に入門。
寛政5年(1793)4月15日には近江から名古屋に行く途次の宣長を自邸に宿泊させ夜歌会を開く。
師没後は春庭に師事する。
著作には、宣長の墓に参拝した時の『時雨の日記』、師道麿の略伝『しのぶ草』などがある。
また「蜘蛛の図詠」を得意とした。

<< 前のページに戻る