新古美術 朝比奈

新古美術 朝比奈

Collections作品紹介

※クリックで拡大画像がご覧いただけます(↓)

墨竹図画賛

作家名 土井ごう牙
手法 紙本・墨
寸法 本紙138.2×31.8㎝、総丈194.0×43.0㎝
備考 ・サイン「土井恪翁題」、印「有恪之印」「士恭」、遊印「不如学」
・関防印「画竹三昧」、賛「踈篁十二莖襄陽從事□幽情」
製作年
状態 シミがございます。
付属品 箱付
略歴 【土井ごう牙(1817~1880)】
江戸後期-明治時代の儒者。
文化14年12月28日生まれ。伊勢(三重県)津藩儒医土井橘窓の次男。
石川竹厓,斎藤拙堂にまなぶ。
藩校有造館の助教・講官をつとめ,佐幕を主張。明治2年督学。
「資治通鑑(しじつがん)」を校訂出版した。
一方、詩文・書画等、文人・趣味人として、また勝れた教育家として知られ、多くの著述を残している。
ごう牙は竹が大好きで、家のまわりにいろいろな種類の竹を植えた。
障子に映った竹を手本にして、墨でたくさんの竹の絵を描いている。
紀州高野山、僧大鵬の描いた墨竹巻物の研究にも熱心で、研究書も書き残している。
明治13年6月11日死去。
64歳。名は有恪。字は士恭。通称は幾之助。

<< 前のページに戻る